【性病について】梅毒にかかる原因と4段階に分けられる症状

梅毒 症状

 

性感染症の一種であり、多くの人に感染例が見られるのが「梅毒」です。数段階に分けて感染していくと報告されているので、段階的に治療をしなければならずに厄介です。

 

そんな梅毒ですが、どんな特徴的な症状が見られるのでしょうか?

 

 

梅毒とは?

 

梅毒 症状

 

梅毒は、昔は不治の病でどうすることもできない病気でした。

 

そのため、かなり恐れられてきたのですが治療薬となる「ペニシリン」が発見されるようになってからは、早期の治療により完治が可能となりました。

 

この梅毒は慢性型の感染症であり、何年もかけて症状が進行していくという特徴を持っています。

 

 

3ヶ月を経過する頃には目立った症状が無くなるのですが、体内では梅毒が広まっており、10年ほど経過すると心臓や脳という重要な器官に影響を与えていきます。

 

梅毒を放置すると、心臓や血管が侵されて心不全を引き起こしたり、脳や脊髄に到達すると麻痺や精神錯乱などを引き起こして死亡してしまいます。

 

一説によれば、戦国武将の豊臣秀吉は梅毒によって死亡したと言われています。

 

 

梅毒は性行為により感染し、4段階に分けられる

 

梅毒は基本的に性行為によって感染します。

 

また皮膚に傷がある場合には血液を介して感染するケースも見られます。

 

 

具体的には、アナルセックスやオーラルセックスも含まれるので、通常の性行為だけではないという特徴があります。

 

感染した母体から出産時に産道を通る際に赤ちゃんに感染する場合があり、この状態は先天梅毒と呼ばれます。

 

 

【第1期】赤く硬いしこり、ただれ、リンパ節が腫れる

 

梅毒 症状

 

梅毒の症状は4段階に分かれている感染からの経過時間によって異なります。

 

これが梅毒の怖いところで、ゆっくりとじわじわ体を蝕んでいくので、治ったと思っても油断することが出来ないので、注意が必要です。

 

まず第1期は感染してから約3週間後に見られる症状で、性器や口などの感染した場所に赤く硬いしこり、さらにはただれができて足の付け根からワキの下、さらにはクビのリンパ節が腫れてしまいます。

 

赤みを帯びる腫れ物は、性器に出ることが普通ですが時には口や肛門といったところにも認められます。

 

 

【第2期】梅毒が全身に巡り、頭痛や発熱がでる

 

梅毒の病原菌が血液に入って、全身を巡るようになると第2期に進行します。これは感染してからおよそ3ヵ月後あたりから見られてくると言われます。

 

第2期になると、血液によって梅毒が全身に巡り、頭痛や発熱、関節痛から倦怠感が起こり皮膚に赤色のぶつぶつが出てきます。

 

全身の皮膚や粘膜にできるこれらのぶつぶつは、バラ疹と呼ばれており、胸や背中、さらには手足に斑点も見られます。

 

この他には、リンパ節の腫れや脱毛の症状などが現れて、この症状は3ヶ月から3年ほど続いていきますがその後しばらくは無症状の時期が続くのです。

 

 

【第3期】痴呆や錯乱状態になる

 

梅毒 症状

 

第3期は感染してから3年以上経過すると、心臓や血管などが侵されてしまい、血が流れにくくなったり脳も侵されるため錯乱や麻痺などが見られ、痴呆になったりもします。

 

第3期にもなると、皮膚組織に大きなしこりができ、これらは結節性梅毒疹と呼ばれており激しい痛みを伴うときもあります。

 

この結節性梅毒疹が出ると、関節炎が起こって手足の感覚が喪失して身体各部の機能不全や痛みなどが起こります。

 

 

【第4期】感染から10年、重大な障害を引き起こす

 

第4期は感染して10年以上経過した状態を指します。こうなると心臓や脳に重大な障害が出てきます。神経症状、痴呆、進行性麻痺、歩行障害などが現れて死亡します。

 

 

このように梅毒は慢性的に症状が悪化していくのが特徴です。ペニシリンという治療薬が登場するまでは、どんどん病気が進行していくので非常に恐れられていました。

 

初期状態から特徴的な症状が見られるので、早期発見がしやすく薬による完治も出来るようになってきたので、違和感を感じたらすぐに病院へ行きましょう。



他にこんな記事も読まれています


クラミジア


梅毒 症状
急増する性病の原因はどこに?クラミジアの感染経路4つ



梅毒 症状
患者数100万人?!クラミジアに感染する2つの原因とは



梅毒 症状
【女子限定】クラミジア感染はおりものの変化でわかる?



梅毒 症状
【性病の特徴】クラミジアの症状は自覚しづらいので注意!



梅毒 症状
性別や感染経路によって変わる!クラミジアの潜伏時間とは



カンジダ


梅毒 症状
性交だけじゃない!カンジダ感染の2つのルートとその対策



梅毒 症状
なぜ発症したの?カンジダが引き起こされる4つの原因とは



梅毒 症状
カンジダは治らないって本当?2つの治療法とその対策を紹介



コンジローマ


梅毒 症状
男女によって症状が違う!コンジローマに見られる特徴とは



梅毒 症状
事前に性病を予防!コンジローマに感染する最大の原因とは



ヘルペス


梅毒 症状
6割の患者が無症状!?ヘルペスに見られる4つの症状とは



梅毒 症状
侵入ルートはドコから?ヘルペスに感染してしまう原因とは



梅毒 症状
様々なウイルスタイプがある!ヘルペスに感染する3つの原因



梅毒


梅毒 症状
初期症状を見逃すと危険!梅毒の特徴的な2つの症状を紹介



梅毒 症状
性病はどこから侵入するの?梅毒にかかる4つの感染経路とは



梅毒 症状
死亡の恐れあり!梅毒の治療に効く「ペニシリン」の効果とは



HIV(エイズ)


梅毒 症状
死を呼ぶ性病!hiv(エイズ)感染するとどんな症状がでる?



梅毒 症状
【エイズの知識】hivの正しい感染経路と誤った感染経路とは



梅毒 症状
hiv感染からエイズ発症するまで!潜伏期間に注意すべきこと



性病の基礎知識


梅毒 症状
種類によって違う!代表的な4つの性病の潜伏期間を紹介



梅毒 症状
知らなきゃ怖い性病知識!女性が気をつけるべき4つの病気



梅毒 症状
“口からうつる”って知ってた?喉に感染する6つの性病とは