【女子限定】クラミジア感染はおりものの変化でわかる?

クラミジア おりもの

 

性行為によって感染する性感染症。その中でも症状がほとんど見られずに、自分が感染しているのかも分からないのが「クラミジア」ですね。

 

女性に多くの感染者が見られ、中でも10代の女性が多く感染しているようです。

 

そんなクラミジアですが、女性の症状としておりものに変化が生じてきます。一体、どんな変化なのでしょうか?

 

 

クラミジアとは?

 

クラミジア おりもの

 

そもそもクラミジアとは、「クラミジアトラコマチス」と呼ばれる細菌が性器に入り込むことで増殖し感染していきます。

 

昔は目の結膜炎を引き起こす細菌として有名でしたが、キレイな水道水が使えるようになった日本では減り続けてきました。

 

その代わりに男女の性器に関しては、クラミジア菌は多く存在しており性感染症では一番多く、国内だけでもおよそ100万人が感染していると言われています。

 

 

ほとんどの人が自覚症状がない

 

クラミジア おりもの

 

このクラミジアですが、ほとんどの人が自覚症状がありません。

 

男性で6割、女性になるとなんと8割もの人が感染しているのにも関わらず症状の変化に気付かないんですね。

 

 

生命力がそこまで強くなくアクティブに動くタイプでもありませんので、体が異変を伴うような変化がほとんど見られないのです。

 

そのため自分が感染しているとも知らずに、多くの人とセックスをするとその人に感染をさせてしまうので厄介なのです。

 

 

おりものの変化で自覚することができる

 

女性はほとんどクラミジアに感染したとしても、自覚症状が見られません。

 

その中でも強いて挙げるとするならば「おりもの」のニオイが強くなったり、量そのものが増えるという変化があります。

 

 

これもほとんどが違和感を感じないものですし、おりもののニオイや量が変化するというのはそこまで珍しい現象ではありません。

 

そして量の変化が気付くようなほどであれば、恐らく違う病気である可能性が高いです。

 

クラミジアは放置していると、不妊症や結膜炎などのリスクが高まったり、母子感染をして赤ちゃんが結膜炎になったり肺炎になるなどの危険性があります。

 

 

緑色のおりものが出た場合には注意!

 

クラミジア おりもの

 

ただ、もしおりものに緑色の帯のようなものがあった場合、この変化はクラミジアに感染している人に見られる特徴のようです。

 

こうした変化を発見したら、もしかしたらクラミジアに感染しているかもしれませんので、産婦人科で相談をしましょう。

 

クラミジアの治療では抗生物質が使われて、パートナーと一緒に治療することが勧められています。

 

親密な関係であれば、性行為をしているでしょうから、もし他方が感染していれば治療をしても再度感染する可能性があるからです。

 

 

女性がクラミジアに感染すると、おりものの量が増えたり、ニオイがきつくなるという変化が発生します。

 

ですがおりものは、違う病気や女性ホルモンの変化などによって変わっていきますので、一概には言えません。



他にこんな記事も読まれています


クラミジア


クラミジア おりもの
急増する性病の原因はどこに?クラミジアの感染経路4つ



クラミジア おりもの
患者数100万人?!クラミジアに感染する2つの原因とは



クラミジア おりもの
【女子限定】クラミジア感染はおりものの変化でわかる?



クラミジア おりもの
【性病の特徴】クラミジアの症状は自覚しづらいので注意!



クラミジア おりもの
性別や感染経路によって変わる!クラミジアの潜伏時間とは



カンジダ


クラミジア おりもの
性交だけじゃない!カンジダ感染の2つのルートとその対策



クラミジア おりもの
なぜ発症したの?カンジダが引き起こされる4つの原因とは



クラミジア おりもの
カンジダは治らないって本当?2つの治療法とその対策を紹介



コンジローマ


クラミジア おりもの
男女によって症状が違う!コンジローマに見られる特徴とは



クラミジア おりもの
事前に性病を予防!コンジローマに感染する最大の原因とは



ヘルペス


クラミジア おりもの
6割の患者が無症状!?ヘルペスに見られる4つの症状とは



クラミジア おりもの
侵入ルートはドコから?ヘルペスに感染してしまう原因とは



クラミジア おりもの
様々なウイルスタイプがある!ヘルペスに感染する3つの原因



梅毒


クラミジア おりもの
初期症状を見逃すと危険!梅毒の特徴的な2つの症状を紹介



クラミジア おりもの
性病はどこから侵入するの?梅毒にかかる4つの感染経路とは



クラミジア おりもの
死亡の恐れあり!梅毒の治療に効く「ペニシリン」の効果とは



HIV(エイズ)


クラミジア おりもの
死を呼ぶ性病!hiv(エイズ)感染するとどんな症状がでる?



クラミジア おりもの
【エイズの知識】hivの正しい感染経路と誤った感染経路とは



クラミジア おりもの
hiv感染からエイズ発症するまで!潜伏期間に注意すべきこと



性病の基礎知識


クラミジア おりもの
種類によって違う!代表的な4つの性病の潜伏期間を紹介



クラミジア おりもの
知らなきゃ怖い性病知識!女性が気をつけるべき4つの病気



クラミジア おりもの
“口からうつる”って知ってた?喉に感染する6つの性病とは